槍のような

前に記事を書いてから一ヶ月たった。黒く染めた髪は少し色が抜けてきている。

あれ?今日ってホワイトデーなのか。そういうイベントに縁がなさすぎて気が付かなかった。

 

昨晩は久しぶり会った友人とお酒を飲んで色々話した。父親が亡くなったとか今は彼女を作る気が無いとか、小説を書き始めたとか。彼は大阪の人だったから、友達に連絡をしつつ宿を探していた。が、そう簡単には見つからない。

「他人に期待するとしんどくない?」

そんな風に声をかけると一瞬彼の表情が曇って、また普通に戻った。キツいことを言ってしまったかもしれない。そう気付いたのは帰宅してから少し眠った後だった。

自分は、他人にいい風にみられたいとかそういう希望がない。自分を取り繕うようなことをしたくないし、そういうのは不自然で気持ち悪くて疲れるだけだと思っている。そんな生き方をしばらくしていたが、ひとつ違和感があった。

 

仕事では他人に対して丁寧な接し方をできる。言わずもがな基本的なことではあるが、対価を約束されているという要因が大きい。目に見える財産は大切であるし、それに向かって労働することを私は好む。

しかし、プライベートになるとどうだろう。昨日の件もしかり、私は「他人に見返りを求めないぶん、自分も他人への思いやりをケチっている」のだと分かった。それが違和感のもとであるのだろう。

いくら自己完結した生き方をできたとしても、他人を不愉快にさせてはいけない。道徳の授業は思想の押し付けがましさが気持ち悪くて嫌いだったけど、ちゃんと受けていたらもっと他人の気持ちに触れることのできる人間になれていたのだろうか。

 

キログラム

今日、髪を黒く染めた。頑張って伸ばしていたのだけどやっぱりすごく傷んでしまった。でも短く切ろうとは思えなかった。また体重が増えたし、ショートヘアにしたらますます大きな顔が強調されてしまうかも。自撮りをInstagramに載せた。

www.instagram.com

 

持病で代謝が悪いので太りやすいことはずっとわかっていたが、毎日薬を服用できるようになってからも身体が徐々に重くなってゆくのを感じるので結局自分の食欲のせいだと認めざるを得なくなってしまった。自分の中の楽しみは飲食の沼にはまってしまい、抜け出せそうにもない。昔よりはマシになったと思っていた。

事務的にご飯を食べるし、事務的にお酒を飲んでいると思う。このまま事務的にジムに通ったり事務的に読書をできるようになりたい。髪を綺麗に伸ばしたい。

風とコーヒー

最近ご飯を食べ始めると止まらなくて、いつもお腹が苦しくて動けなくなる。この前少し体重が減ったので、これを機に食べることを我慢してみようと考えたけど逆に火がついてしまった気がする。お酒も、飲み始めると毎回帰るのが朝の7時になっていたりする。太った。

この前女性と食事に行って、その時彼女がタートルネックの服を着ていて可愛かったので自分も買ってみた。首がすっぽり隠れるので顔面が主張しすぎる気がするけど、よく着るチェスターコートとの相性が良いので気に入っている。ユニクロで膝上10cmのスカート4着と、カシミヤニットのタートルネックを2着入手した。今まで短いスカートやタイトなニットは身体のラインが強調されるので避けていたけど、この季節はコートも着るし、挑戦してみたら割と似合っているなと思った。服の食わず嫌いはよくない。

今日は不動産屋さんにお金を振り込んだ。書類が諸事情により揃いそうでなかったので少し遅れて提出することにした。期限ギリギリまで動かないのでいつもこうなってしまうが、結局どうにかなってしまうので反省はしない。

髪を染め直してからまたしばらく経ったので地毛の色が見えてきた。こうみると、色の違いで髪がどれだけ伸びたのかすぐに分かる。今は前髪も伸ばしていて、Perfumeの、のっちみたいにしたいなと思っている。Perfumeのみなさんはいつも清潔感に溢れていて素晴らしい。私の髪は、もうすぐ肩につくぐらいの長さだ。

良い天気だったのでタートルネックの女性と鴨川でコーヒーを飲んだ。冷たい風が心地よい。川の水をみていると、だんだん焚き火の炎が恋しくなる。熊野での焚き火はとてもよかった…。そういえば熊野にも彼女と一緒に行ったんだ。

小学生の頃のキャンプファイアーとか飯盒炊飯にはそんなに良い思い出が無かったが、大人になってから落ち着いて火をみているとすごく心が落ち着いてしまったので不思議で仕方がない。寒い国ではただ炎だけが映されているテレビ番組があるらしいが、視聴率は結構良いそうだ。機会があれば、また焚き火したいな。

久しぶりに川辺に近付いたが、鳥がたくさんいて非常に可愛らしかった。ここ数日雨が続いていたので水の流れは穏やかでは無かったが、彩度の低い灰色がかった青緑のような、複雑な色合いが美しかった。

夜は寒い。

落ち着いています

 

色々報告したいことがあったけど記事を書く気にはなれなくて、そうしているうちに記憶の色が褪せてしまった。3日前にあったこととか、書こうと思えば書けるんだけど、当時の感情が明確に思い出せなくて、これからは時間の経過を恐れていかなければならないのだなと分かった。

自分の感情を忘れ、ただただ事実だけが残るなんてつまらない。やはりその日の出来事はその日のうちに記録しておかなければならないな。まあ、それができれば苦労しないのだけど。できるだけ自分の心の中で何が起こったのかを忘れずに生きていたい。

 

こどもの頃は生活の中に嫌なことがたくさんありすぎた。だから、わざと自分の心を麻痺させて生きた。こどもなりに考えた答えがそれだった。

だんだん何にも興味を示さなくなったり少しのことでは驚かなくなったり、他人に「落ち着いてるね」と言われるようになった。

嫌なことに対して免疫がついたのはよかったなと思うけど、結果好きなことに対しても心が踊らなくなった。そういう点では、「学校の担任が嫌いだ」とか「先輩がうざい」とか言いながら友達とワイワイ騒いでる同い年の高校生が羨ましい。嫌なことたくさんあるけど、楽しいこともたくさんあるんだろうなあ。きっと。

 

いつもこういう「自分は劣っている」みたいなことばかり考えてしまうけど、他人より頑張ってることや自分の偉いところは必ずあるはず…。なんとかして生きるモチベーションを保つぞ、という気持ちはある。

 

久しぶりにロン毛のマスターの店に足を運んだのだけど、声のトーンが低くて気になった。デート相手と一緒だったし、どう思われたのか気になった。不機嫌そうに見えたから。実際マスターは全部どうでも良さそうだったし、全部私の気にしすぎだったっぽい。

またデートの話です

昨日は1週間ぶりぐらいの外出だった。化粧ができるほど皮膚も回復してきたし、毎日休みすぎている気がしたので。引きこもる時はとことん引きこもるし、散歩にすら行かない。

皮膚科と産婦人科に行った。性病検査に引っかかっていなかったらそのまま診断書を出して仕事を始める。16日から。病院をはしごするのはよくあるけれど、そんなに歩いていないのに左足の付け根が痛くて困った。関節痛のような痛みがあった。この歳で歩行困難か。しかも暑い日だったので結局タクシーを乗り回してしまった。

あ、あと急にケーキが食べたくなって木屋町キルフェボンに行こうかと思ったけど、気まぐれに花を買ったらお腹がいっぱいになった(っていう文章を書きたくてそうした)。タバコを吸いすぎた。

 

前々から映画を見に行こうと言っていた男性と連絡をとってみた。映画デートをすると本編の前に予告をたくさん見る。鑑賞後にはゆっくり飲みながら「次は〇〇を見てみたいね」なんて話をするのがとても好き。そして毎回映画デートになってしまう…(嬉しい)。

結局土曜日にダンケルクを見に行くことになった。噂のパターソンも見に行きたいのだけども、うーん、一人で行こうかなあ。デートはなるべく期間をあけたいと思っているし、彼の他に誘う相手もいない。まあ、私は「〜しようかな」とか言うだけ言って何もしないような人間なんだけど…。あ、土曜日って明後日だな。

彼にディズニーのお土産を買ったのだけど、なんか結構期待させてしまっているようで困っている。ダースベーダーのグッズなので喜んでくれるとは思うけどね。新しくまたスターウォーズの予告ビデオがアップされていたので見た。『最後のジェダイ』はローグワンを見たときに一緒に行こうって約束していたから、ずっと楽しみにしている。

なんというか、「デート仲」とかいう都合の良い関係を続けていてどうなるのか考え込んでしまう。そういう関係の男性って今までたくさんいたしあまり気にもならなかったけど、自分のために時間を使ってくれているってすごいな。何がすごいのかは分からないけど、そのことについて考えるほど変な気持ちになる。自分が相手の人生の一部を無駄にしている感覚に陥ってしまうし、私なんかとつるんでて大丈夫なのか?と心配してしまう。だって身の回りの人間、良い歳した大人ばっかりだし。余計なお世話だね。

さいきんのお昼寝

体調を崩した。旅行から帰ってしばらくだらだらしている。旅行に行く前からだらだらしていたけれども、だらだらするのがうまくなったのか「だらだら感」が増していると思う。時間をゆっくりまったり過ごすことができている。1日の主成分は昼寝である。

 

ヘルペスの初感染により額にブツブツやかさぶたができて外出もできないほどであったが徐々に回復しているし、来週には夜の仕事に戻ろうと思っている。あ、そういえば性病にもかかっていた。自分的には風俗嬢としての箔が付いたかなと。前々から東京ではセックスしないでおこうと決めていたけど、被害者が出なくてよかった。弱い身体のおかげでそんな気も起きなかったけど。結局宿泊していた場所で毎日寝て過ごした。

今日は新居について進展があった。マンションの管理会社や不動産屋さんから連絡があり、入居日は11月1日となった。最初のうちは男を連れ込み放題だな!?とも考えたけど、多分仕事で精一杯だしそんなに体力もないので遊びすぎることはまずないと思う。

憧れの自分だけの部屋がもうすぐ手に入ると思うと、とってもいい気分になる。親が使った後のトイレが臭いから実家はいやだ。新居はベランダから月が見えるのかな、誰か遊びに来てくれるかな。どうせ寂しいし、いい感じの同居人が欲しいなあ。

昼寝中に電話が鳴るのが嫌なんだけど、昼寝ばっかりしてる私の方がおかしいんだよなあ。でもやだなあ。

期待、鬼胎

 

やっと展覧会にいけたものの、今回のお出かけはコスト対パフォーマンスが低すぎた。ミュシャの名を聞いて躍起になってしまったのが悪かったな。三月に行った新国立美術館の後だったからか、内容の薄さにがっかりしてすぐに出てしまったが、外観が綺麗だったしグッズの種類も豊富だったのでそんなに不満ではない。画集、二枚のポストカードと栞、美しい手帳を入手した。チェコへの思いが強まった日であった。

今回訪れたのは佐川美術館で、向かうのに2時間もかかった(予定では1時間半)。よく知らない土地に出るといつも、目的地の反対側に出てしまったり乗るバスを間違えたりする。Googleマップを頼りに出かけるが、きちんと細部まで確認しない大雑把な性格のおかげで道に迷うことが多々ある。そんな自分にうんざりすることもあるけれども、時間がかかってもいいから焦らずのんびり進んで行こうという気持ちはいつも忘れないようにしている。日常の中でも。

 

今日は家の隣の小学校が運動会だったらしく、朝から騒音に泣かされた。3時間しか眠れなかったが、おかげできちんと美術館に行けたので結果オーライである。近頃の不眠の原因が分かった。明日からまた静かな朝がくるのかと想像すると嬉しくなった。

小学校の裏門に常用しているバス停があるのだが、保護者の車が何台も駐車されており少し離れた場所で待たざるを得なかった。見かねたバスの運転手は車内から警察を呼んでくれて、ちょっと笑ってしまった。治安が悪い地域ではこういうことも起きるんだなあ。

結末は知らないけれど、配慮のない教員にはがっかりだ。校庭から聞こえてくる彼らの声をよく耳にするがやはり期待する方がバカなのだろうかと思ってしまうし、自分の母校なだけに今回の件は残念である。昔から体育は苦手だったなあ。

苦手なことを好きになれないまま大人になってしまうのかな

Spending all my time